花てらす療院へようこそ
  
  2016年3月16日ホームページ始めました。
 
        
         在宅療養マッサージとは?   
 
      身体に麻痺や拘縮などがあり通院が困難な方を対象にして、国家資格(あん摩 

 
  マッサージ指圧師)持ったマッサージ師がご自宅や施設まで伺い、身体機能
  
   の維持、回復を目的とした30分程度の専門のマッサージやリハビリ、運動療法
 
   を行います。お医者様から同意書を頂く事で医療保険が適用になります。
 
        このような方々への施術です。
 
       脳血管障害等の後遺症による麻痺などで歩行が困難な方。
 
  関節の痛みや拘縮、変形などにより手足が動かしづらい方。
 
  運動機能障害、筋麻痺、筋委縮等でお悩みの方。
   
  寝たきり状態の方。または寝たきり状態に近い方。褥瘡等の血行障害の方。
 
  パーキンソン病や筋委縮性側策硬化症(ALS)など難病でお困りの方。
 
  手足のしびれをやわらげたい方。
 
  その他、身体にご不自由があり医師の同意によりマッサージ施術が必要な方。

                                   

       代表的な疾患例  

     脳梗塞後遺症、脳出血後遺症、パーキンソン病、筋委縮性側策硬化症(ALS) 

 変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、関節リウマチ
 
 脊椎損傷後遺症、大腿骨頸部骨折後遺症、末梢神経障害、全身廃用症候群、
 
 その他医師が必要と認めた疾患。以上が代表的疾患例ですが、病気により歩く
 
 事がお辛い方、困難な方が対象ですが、その他の疾患もご相談下さい。
 
       施 術 内 容
 
      あん摩・マッサージ・指圧

    ■ 血液やリンパの循環や新陳代謝を良くします。浮腫(むくみ)の改善を図ります。 

          また寝たきりによる褥瘡(床ずれ)などの血行障害を予防します。
 
      ■ 固くなった筋肉の緊張をほぐすことで、筋緊張を和らげ、痛みやしびれを軽減
  
        します。
   
   運 動 療 法

  
       ■ 関節可動域を広げることで関節拘縮の予防と改善を図ります。 

      ■ 手、足の曲げ伸ばしの繰り返し運動により、適度な筋肉への刺激を与える事で
  
        筋力の維持、強化を図ります。
 
   コミュニケーション・その他

  
       ■ 在宅療養マッサージでは、上記の施術以外での役割があります。それはコミ  

       ュニケーションをとる事を大切にしています。施術や会話を通してコミュ二ケー
 
    ションを図ることで、様々な症状で悩まれたり、不安に感じていることを少し
 
    でも取り除くお手伝いをします。
 
 ■ 施術訪問の際に、体調の変化を感じた時にはご家族様やケアマネージャー様
 
   とも連携を取り報告させて頂くことで、病気に対してのリスク軽減に繋げていき
 
   たいと考えています。
 
 ■ お一人暮らしのご利用者様に対しては、定期的に訪問させて頂く事で見守りを
 
   兼ねた
役割も担わせて頂いております。